04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
城ヶ崎遊覧船
城ヶ崎まで来たことだし、今まで一度も乗ったこと無いことだし・・と
まだ運行時間なら乗ってみようと城ヶ崎遊覧船に行ってみた。

ちょうど14時50分の船が10分後に出るとのこと。
急いでください!と言われて、船に向かった。


あの堤防の突端の船とのこと。サンダルで、10分で間に合うのか・・と
不安になったが、階段を駆け下りて・・・。


港の周りをグルッと回る。
船のりば直進の矢印があるが、えっ?これは洞窟?


・・というほどのことはなく、5mほとで抜けて湾の最奥。


堤防にも「遊覧船のりば」の矢印。堤防の下の広い道を進んで下さい。とある。


ちょうど乗り込み始めた時!間に合った!


遠めにはチャチに見えたが、近づいてみるとなかなか立派。


ちゃんと座席も付いているし・・。


Discovery Cruise 城ヶ崎遊覧船


こんな風にタラップを昇り2階部分に乗り、そこから下ります。


デッキはこんな感じ。


船酔いが心配な人はこちら。 ん?こちらの方が揺れを感じるのかな?


ちゃーんと、お手洗いもあります。


船着場の向かい側が富戸海水浴場でした。やっぱ狭いです。


さあ出発です。さっき降りた階段が真正面に見えます。


港の断崖の上に沢山みえる人たちはダイビングの人たちです。


そそり立つ山にへばりつくような富戸の町(右端)。ここも溶岩なのでしょうか。
ちなみに、この崖の上は東大室の別荘地帯です。


あっという間に、港はあんなに小さくなってしまいました。
結局、写真を撮るために船室には入らずデッキで踏ん張ってます。


ぼら納屋です。左側の黄緑っぽい建物は海水プールだと思います。


岩に波しぶきが立ってます。晴れてますが、今日の波は荒いほうだそうです。


もうあんなに陸地が遠く・・・、ずーーーーっと遠くに小さく初島が見えます。


あら、あんなところで釣りをしている人がいる。


おっ!吊り橋と灯台が見えてきた。


橋の上には人がいっぱいです。こちらからは初めて見ます。


人はなぜか手を振るものなんですね(^^; こちらでも、あちらでも。


灯台の下にも沢山の人が・・。まあ、お盆中ですもんねぇ。


門脇岬のまん前・・って感じです。


灯台を後にして、さらに進みます。どこまで行くのかなぁ。
もう一つの橋立つり橋まで行ってくれるのだろうか。


海洋公園です。向こうは大室山。その右側のこんもりとしたのはシャボテン公園です。
ちょうど、日蓮が置き去りにされたという俎板岩の前です。その上が蓮着寺。


げんこつ山から遠笠山まで見えます。


まだ8月の半ばというのに空には秋っぽい雲が漂っています。
天城連山のそれぞれが層になって・・、
手前の黒っぽいのが伊豆高原の溶岩台地です。


あらっ!ここでUターンです。
なんだぁ、もうちょっと八幡野港の近くまで行ってほしかったなぁ。
橋立の吊り橋とか、幻の対島滝とか見せてくれるといいのになぁ。


こころなしか大島が大きく見えます。


船室とデッキの間に仁王立ちで注意を配るスタッフの方。

ここからはしばし、動画で・・・。  結構、揺れてるの・・判りますか?


あっという間にこんなところまで戻ってきてしまいました。


どんどん港が近づきます。


ブロックの脇を通って湾内に入ります。


接岸しました。タラップが用意されてます。


タラップをセット。岸壁より下にいるので見上げる感じです。


次の乗船者が待ってます。次が最終の15:30の回ですね。


船が入ってきました。漁から戻ってきたのかと思ったら、
乗っている人は、みんなウェットスーツを着ています。
ダイビングも船で行くんですね。


漁船もたくさんあります。
そういえば、ここから光海丸というイルカウォッチングの船も出ています。


先ほど来た鬱蒼とした洞窟っぽい道を通って帰ります。


振り返ると、次の出航に向けた船が待機中。


帰り道、階段を上がりながら撮影。ちょっと名残惜しいような・・・。

楽天トラベル株式会社
izukougen | 城ヶ崎海岸 | 23:16 | comments(0) | - | pookmark |
城ヶ崎自然研究路
城ヶ崎自然研究路・・・ここの岬を片っ端から撮影できないかな?と
勇んで出かけたものの・・・・なかなか厳しい状況に、ほんの2〜3の岬しか(^^;

先日、大淀小淀行から戻ったところ
現地の同僚から、大淀には綺麗な魚がいっぱいだったでしょ・・・と。
実は小学生の団体が泳いでいたもので、近づいてないと言うと
それは惜しい事をしたね・・・と。
411
そんなことがあったので、今回こそはと、大淀に降りて撮影を敢行。
396

先日の海は荒れてまして、かなりな水しぶきが上がっていましたが、
402
今日は穏やかなもの。
3969
ゆっくりと色んな角度から撮れましたが、
401
先日の小学生がすくっていったのでしょうか、
410
小魚しか見えませんでした。
409

崖を登り、歩き出して、対島川を渡り、

ノカンゾウ越しの対島の滝を撮り、
taki
「こさいつな」「さいつな」を過ぎたところで今日はend。
420
駐車場の車まで帰らなきゃいけないと考えると・・・。
駐車場から海際まで10分、仕事場から駐車場まで10分、
となると往復時間を引くと残された休憩時間はわずか。

車に戻って、少し城ヶ崎灯台方面に走って、
城ヶ崎の岬図を撮影してから帰りました。
462
izukougen | 城ヶ崎海岸 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
橋立吊り橋と大淀小淀
たった1時間強の昼休みですが、
この際だから精力的に・・・今まで見ていないとこを見てまわろうと
今日は橋立吊り橋と大淀小淀に行ってきました。
今までにも何度か行こうとはしたのですが、
仕事の休みの日が晴れとは限らず、
出来れば「幻」の「対島の滝」も見てみたい、
と欲張るとなかなか日が合わず・・。
対島川は少し雨が降らないと干上がってしまいますからね。
今日は流れもそこそこで、天候はちょっと日差しが強すぎるくらいですが、
今度とお化けは出たことない!じゃないですが、
思い立ったが吉日(^^)思い切って行ってきました。

駅南口の1時間無料〔1時間を超えると1時間毎に200円〕の
205

206

260
駐車場に車を停め、てくてく歩いて踏み切りを渡り、駅の海側に出ると
207

262

208

271

263

209

264
対島川沿いの遊歩道があり「⇒橋立吊り橋」の看板が。
265

266

267

269

268
ところが、そのすぐ手前の線路寄りに
観光客用無料駐車場があるではありませんか!
駐車可能台数は10数台と少ないものの、タダだし帰りもこっちが早い。
でも、ここまで歩いて来たから・・とあきらめて、
少し川を下ったところでデジカメの電池容量に警告灯が・・(T_T)
車に戻らないと替えの電池が無い!
こうなりゃついでにこの駐車場まで車を持って来ちゃえ、
まだ疲れてないうちだしと、車を取りに戻りました。

無事に電池交換を終え、近場の無料駐車場に車を移し、
川沿いを下りはじめました。
273
川沿いの道は緩やかな下り勾配で向かい風も吹いてキモチイイ(^^)
おおよそ10分強でしょうか。
272

274


275

276

270

277

278

280

281

282
城が崎の岸壁上を海沿いに、もう一つの吊り橋「門脇吊り橋」まで続く
自然遊歩道に到着。
283

284

285

286

313

314

315

316
そこを右方向へ少し歩くと橋立吊り橋へ続く道と大淀小淀に続く道の分岐点。
ちょうど公衆お手洗いのある場所です。
まずは大淀小淀へ。
見てビックリ!
道の途切れた処から垂直に螺旋階段のような岸壁を降りるんですね。
そんな風になってるとは露知らず・・・。
足元の悪い日は止めた方がいいですね。
サンダルもかかとに止めのあるものでないと・・・。
ハイヒールは絶対にダメですよ。
上から散々写真を撮ってから降りてみました。

あ!対島の滝が見える。
遠くげんこつ山から流れてきた山の水が、池の田んぼを潤し
すいらん荘別荘地を抜け八幡野の伊豆高原駅の脇を通り、
城ヶ崎の溶岸壁から直接、川に落ちる。
大雨の後ならさぞかし凄い瀑布なんでしようね。
317

318

319

320

321

322

323

325

287

396

288

289

291

292

293

294

295

296

297

298

300

301

302

303

304

305

アウトドア&フィッシング ナチュラム

309

308

311

アウトドア&フィッシング ナチュラム
299

327
izukougen | 城ヶ崎海岸 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
城ヶ崎海岸駅
伊豆急行線の伊豆高原駅より一つ熱海寄りの「城ヶ崎海岸駅」です。
が、この駅から城ヶ崎海岸まで歩くのは少々厳しいです。
確かに有名な門脇灯台と門脇吊り橋に最も近い駅はここで、
駅から広い桜並木を真っ直ぐに歩くと吊り橋に行けるのは確かですが・・。
もし、徒歩で勇壮な海岸を見てみたいとおっしゃる方は伊豆高原駅から
対島川沿いに下って約15分。橋立吊り橋の方が手軽だと思います。
駅

駅から降りて真正面にコインロッカーの案内板ですが、錆びてるのは
ちょっといただけないですね。伊豆急さんお願いしますよ。
コイン

駅から海方向へ少し下った右手の輸入雑貨&喫茶店「ティーフォートゥー」
http://www.rurubu.com/sight/sightdetail.asp?BookID=A2001330
ティーフォーツー

さらに進むと右側に賑やかな「うなぎ」の旗が・・。
鰻亭いさか http://www.jalan.net/kanko/SPT_163697.html
鰻亭

ウナギだけでなくドジョウや刺身定食もあるんですね。
鰻亭

交通量の多い広い道と交差します。左へ行くと富戸の港。
右は国道の城ヶ崎入口。真っ直ぐに車は入りにくくしてあります。
交差点

その交差点の向かって左角に「城賀」http://www.jyouga.com/
「ジョウガ」と読みますが、お食事関所のサブタイトルがありました。
城賀
今日はお天気もいいので、この桜並木の散策がてら吊り橋を目指してみます。


izukougen | 城ヶ崎海岸 | 20:29 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
国道城ケ崎入り口⇒城ケ崎方面
熱海から下田へ向かう国道135号線の伊豆高原駅少し手前に
城ケ崎入り口交差点が有ります。
これは下田方面から見た画像ですが・・。
城ケ崎入り口
この交差点を海側〔この絵では右〕に折れると、
まず左手に地元ミカンの集積場があって、その次に対島中学校、
東急ストア、美容室Freiとあって、
その次がこの辺りでは一番大きい伊豆高原郵便局です。
郵便局留めの郵便物を取りに伊東市内の本局では遠すぎますから、
ここは大変便利です。また、やんもの里郵便局は土日はクローズですが、
ここのATMは使用できますし駐車場も広いのでとても助かってます。
郵便局

その先に進むと道が少し盛り上がって見えますが、
ここで伊豆急行線を跨いでいます。
その橋のすぐ手前の道を左に入ると「静岡県立伊東城ヶ崎高等学校」です。
まだ設立されて十数年という比較的新しい高校とのことです。
城ヶ崎高校

その橋を越えて少し行くと交差点があります。まっすぐに行くと富戸港。
右に折れると吊り橋や城ヶ崎海岸です。
交差点の角にはGSと地元スーパー「ナガヤ」城ヶ崎店がありますが、
品揃えでは伊豆高原駅前の方が良いでしょう。
城ヶ崎ナガヤ交差点

このナガヤの向かいに「共楽」という東京ラーメンのお店があります。
銀座で修行された本格派だそうです。
共楽

この交差点の手前に伊豆高原教会があります。http://www.izukogenkyokai.com/
以前に伊豆を訪れた時は、確か国道から桜並木に上がる角にあったように
覚えてますので、いつの頃か定かではないですが移転されたようです。
伊豆高原教会

今回は、この交差点でUターンをして国道に戻りました。
国道手前の写真です。右側に美容室Freiがありますが、
この辺りの美容室はほとんど床屋も兼業で男性客も女性客もいます。
美容室Frei

さらに進んで交差点に戻ってきました。右が伊東方面。左が下田方面。
真っ直ぐに進んで、そば屋の右の細い道に入ると桜並木に出られます。
対向車があるとちょっと面倒ですが、国道は混んでいることが多いので、
左に折れて国道経由で桜並木に入るより、こっちの方が断然スムーズです。
城ヶ崎入り口



伊豆高原 伊豆 大室山 東伊豆 伊東 静岡 静岡県 泉郷 砂蒸し風呂 露天風呂 温泉 シャボテン公園 八幡野 富戸 桜 大島 アネックス リゾート 天城 川奈 小室山 さくらの里 桜の里 大室高原 伊豆七島 
izukougen | 城ヶ崎海岸 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
富戸港あたり
今日は大室山の下、国道沿いの「ぐらんぱる公園」http://www.shaboten.co.jp/guranpal/goranpalMenu.htm
近くの伊豆高原美術館〔現在休館中〕の脇から海のほうへ下ってみました。
伊豆急の富戸駅の踏み切りを過ぎると目の前に海が広がります。
小さな集落の間の細い道を抜けると右は切立った崖、左は海。
この写真↓は富戸漁港とその先の岬です。
富戸あたり

富戸の看板
伊豆高原の駅にあったのと似た観光案内看板がありました。
城ケ崎近辺を詳しく描いてあります。
右の方に4枚の写真がありますが、これは趣向を凝らした公衆トイレです。
上から順に「ハレースイセン86」「潮騒の手水処」
「半四郎の落とし処」「磯の香和屋」。徒歩○分と距離も。

↓富戸の港です。ダイバーのメッカです。
富戸港
城ケ崎遊覧船や
「いるか&くじらウォッチング」の光海丸はここから出航します。

富戸港崖上看板
富戸の港の崖上の道路でも案内看板を発見しました。
ここでは前出の看板には無かった伊豆七島が描かれています。


伊豆高原 伊豆 城ケ崎 大室山 東伊豆 伊東 静岡 静岡県 泉郷 砂蒸し風呂 露天風呂 温泉 シャボテン公園 八幡野 富戸 桜 大島 アネックス リゾート 天城 川奈 小室山 さくらの里 桜の里 大室高原 伊豆七島 
izukougen | 城ヶ崎海岸 | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/1PAGES | |