06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< きらの里 伊豆高原の新宿泊施設 | top | 一碧湖 大池一周 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
焼き鳥「ひらまつ」
うー先輩の「伊豆ごはん」にあった謎の焼き鳥屋「ひらまつ」。
「伊豆ごはん」を読むまで、その存在に全く気が付かず、
カメラを手に仕事中にそちらの方へ回ってみました。

確かに・・・料亭のような佇まい。ちょっと「ふみ」を彷彿・・・。
ひらまつ昼外観

大きな「貸切」と「禁煙」の文字が人を寄せ付けぬ雰囲気も醸し出していて、
とても焼鳥屋さんには見えません(^^)
ひらまつ昼

ちょっと重そうなドアから中を覗いてみました。
人影の無い店内にはカウンターしか見えません(T_T)が、
清潔感漂う店内は、ほんとに焼き鳥屋さんなの?って感じです。
ひらまつ昼内

当って砕けろ!百聞は一見にしかず!
自分を奮い立たせ、19時半ごろ徒歩にて訪問。
夜の方がさらに敷居高そう(T_T)
ひらまつ夜

周囲は真っ暗で、一人で歩くのはちょっとキモクもあり車で乗り付けたい!
・・・が本音も、旅行先で免許無くすわけにも・・。
ひらまつ外メニュー

外menuには「他を寄せ付けぬ」を字でいく
「お願い」が書き連ねてありました。
右側頁のmenuを見る限りでは、確かに焼き鳥屋のようですね。

今後、ひらまつを訪れようと思われる方に心していただき、
余計なトラブルにならないよう警鐘として、ここに転記します。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           お願い

        当店は禁煙の店です。
       喫煙はご遠慮願います。

      串を1本1本丁寧に仕込み
      紀州備長炭で焼いております。
       1日に8名様のお客様を
       お迎えするのが限界です
      もしも万が一、満席の場合は
         ご容赦下さい。

    次回のご来店をお待ち申し上げます。

       大人が静かにお食事を
      楽しむ雰囲気を大切にします。
      就学前のお子様のご入店は
         ご遠慮願います。

          店主敬白

      伊豆高原
     ひらまつ
      0557−51−6226
      定休日:水曜日・木曜日
      営業時間:18時〜21時
     ラストオーダー:20時30分

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、私も入る前によく注意事項を確認せず扉を開けて
既に6人と1人の計7人の先客があるところへ
ムリして入れていただいて、帰りに少し冷や汗ものだったのです。

お店の印象は、総じてGood!
隠し撮り(^^)の、中央がご主人です。棚には焼酎がビッシリ!
ひらまつ内

ただ、初めての店に・・・
つまり一品のボリュームが判らない店に一人で行くのは、やっぱりツライ。
とりあえず、その店の味と実力を知りたいとなると
やっぱり、焼き鳥を全品注文してみるしかないですよね。
左の頁の上からズラッと・・・ちょっと苦手なレバー以外の
8品全部を頼んだのですが、奥様から
「うちのは1串のボリュームがあるので、とりあえずはそのくらいに・・」と。
menu2
1串は300円か400円。トータルの金額もはるしお腹も張る(^^;
2人で行っても注文内容は8品を1本ずつで、きっと十分でしょうね。

menu1

最初はビール。ビールはエビスの生のみで500円。
奥様がビヤサーバー担当なのですが、
素人さんみたいで泡が多すぎて何度も何度も
泡をスプーンですくってらっしゃいました。
ビヤサーバーの抽出口の棒をもっと、グッとグラスの中に突っ込んじゃえば
泡が少なくて綺麗にあがるんですけどね。
お客のまん前じゃやりにくいでしょうが(-_-;)

それにしても、とても良いビヤタンを使ってらっしゃる。
底のところに継ぎ目が無くてメチャ軽い。
ガラス工房で吹いたような1枚もののビヤタンです。
menu
呑み口が薄くて口当たりがGood!
ビールがとても美味しくて、もう一杯お願いしてしまいました。

手前「とりわさ」 奥「ネギマ」
とりわさ

焼酎の種類は360種類強。芋が8割方を占めますが、品揃えが素晴らしい。
shouchu
ロックで一杯注文しましたが、
大ぶりなロックグラスに氷を2、3個の状態で焼酎は溢れんばかり。
〔手前は、それぞれに数量限定の「ぼんじり」と「皮」〕
焼酎と
価格帯はおおよそ500円〜1200円。
中心価格帯は500円から700円。
この品揃えでこの提供方法なら、かなり良心的と言えます。
ビヤタンの素晴らしさに、ついビールをお替りしてしまいましたが、
もっと早く焼酎に気がつけばよかったと少々悔やんだりも・・・。

手羽先
手羽

焼き鳥以外の品揃えも豊富ですが、食べきれないので今回は鳥のみ。
オープンは昨年の11月3日とのこと。
代々木上原で3年間修行して伊豆高原に居を構え開店したそうです。
カウンター内には、ご主人と奥様とおばあ様の3人。
カウンターには、イスが8本のこじんまりとしたお店です。

1/3食べてから「皮」のアップ撮影。
かわ
久しぶりに美味しい「とり皮」を食べました。
仕入先は東京の修行先の扱い肉屋でクール宅急便での取り寄せで、
鶏は山陰の大山地鶏というか大山軍鶏〔ダイセン・シャモ〕。
やっぱり、こちら伊豆高原では地鶏の部分肉は入らないそうで、
「地鶏を欲しい」と近くの肉屋に言ったら
「丸で買ってくれ」と言われたそうです。
手羽先も美味しい。骨と骨の間に肉がたっぷり。
先日の「さくら」の軍鶏手羽とは大違いです。

砂肝と鳥ハツも新鮮!


「ぼんじり」のアップ
ぼんじり

「関節ナンコツ」もナイス!



8月某日 名残り惜しくて、もいちど訪問
20時ころの立ち寄りでしたが、お客はゼロ。
マスターには申し訳ないが、ゆっくり食べられると喜んだのも束の間、
あれよあれよの間に、ほぼ満席。
一人でモグモグちびりちびり・・・なので、時間の制約が有るわけで無し、
でも、これ以上、お客が来ると早めの客は立つのが礼儀かな?と
少し考えましたが、そこで落ち着きました(^^;

今回は野菜ものの串焼きにチャレンジ。
カメラ不所持で、この頁らしくありませんが、たまにはこういうことも・・。
まずは生ビールを1杯。
手羽、皮、砂肝と来て、次に、長芋焼きとズッキーニ焼き。
長芋もズッキーニも、ぶ厚い輪切り。
こんなに大きなズッキーニってあるの?っていうくらい驚嘆の大きさ。
お次はミルフィーユ。これは、豚バラとピーマンの重ね焼き。
今日も生ビールに付いてくる生キャベツのお替りをしてから、
手羽をもう一回とネギマ。
前回に懲りて、今日はゆっくり食べて呑んで・・・と考えてたのに、
舌と目が許してくれない(T_T)
季節限定「芽キャベツのベーコン巻き」というメニューを指して、
奥様に「まさか今の時季に無いですよね」尋ねると、
「はい。ありません。美味しいんですけどね。」そりゃ、そうですよね。

生ビールを1杯のあとは、もちろん焼酎(^^)
あまりの旨さにビックリしたのが自家製スパイシーナッツ!
生カシューと生アーモンドを素揚げして特製スパイスで味付けたもの。
オーダーしてから時間は掛かるけど、ビールにも焼酎にもピッタシ!

焼酎の1杯目は自宅にも1本持ってた「きろく」の無濾過。
自宅で飲むのと全然違う。
全然、旨い!雰囲気なのか、グラスがいいのか、それとも氷?
調子に乗って、マスターのお奨めを・・・好みを言うと「内山」。
聞いたことなかったけど、こりゃまた旨い!
グループ客が帰って、隣に夫婦が入って、話が弾んで・・・。
今日の水割り甕焼酎は、マスターの好みで半々割りの「小牧」とのこと。
なかなか捌けないので、毎回、半分ほどは自分で呑んでるんだとか。
だんだん考えるのが億劫になってきて、次のお奨めを聞いて「宗一郎」。
隣のお客が芋っぽいお奨めをリクエストしたので、こちらにも!と「千鶴」。
隣のお客とも話が盛り上がって、これまた旨い。何を呑んでも旨い。
舌がマヒしてるのかと思ったが、そうでもないみたい。
お隣さんは、明日、行こうと思ってたプルミエの料理人と知己の間らしい。
調子に乗って、もう1杯「千秀」。
すっかり出来上がってしまった。
また、来よっと(^^)/
izukougen | 美味処 | 22:21 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 22:21 | - | - | pookmark |
Comment
おっしゃる通り
敷居の高い感じ・・・分かります。。。

清潔感が漂う、大人の寄り道かな?
店主の几帳面さが、一本一本の串に出ていました。
一串が大きい、しかも実に美味い・・・


チョット気難しいしそうな店主の顔・・・
しかし、話しかけると結構気さくで・・・
私はその日の気分で・・
又覗いて席が空いて居ればラッキーです。

posted by ココアパパ ,2006/09/09 10:25 AM

ジンジャーエールは確認できてませんが、
アップル・タイザーやグレープ・タイザー、
ペリエなんぞはありました。
ワインも赤白、2種類ずつあります。
禁煙で子供の入店も不可という店主本意の店
・・と店主本人が言ってましたが、
普通の大人には優しいお店だと思います。

posted by 伊豆高原日記 ,2006/08/27 9:04 AM

すばらしい!
本邦初の「ひらまつ」レポートではないでしょうか。

そうですか、トリ皮、手羽先、うまいですか。
是非行きたい店にリストアップしておきます。

ジンジャエールでもいいですか。


posted by うー ,2006/08/23 9:02 PM










Trackback
URL: