04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ひさびさの木八 | top | お勧めの干物屋「中門水産」さんで・・・お買いもの >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
夏の大室山
こんもりとした緑の山を眺めていて、
そういえば今まで大室山には12月〜3月にかけての間しか
上ったことがないことに気が付いた。
それというのは空気が澄んでいる時季でないと、
島々をはじめ富士山など遠くまでキレイに見えないから・・。
天気もいいので今日は初めて緑の山に向かった。


乗り場から見上げると、なるほど冬のススキ色とは全く違う(^^;
伊豆ファンクラブ会員証を呈示すると420円が団体扱いの380円に・・・。


太陽に多少近いのは関係ないにせよ、夏は流石に暑い!
頂上に到着すると、あちこちで「オーーーーッ!」という歓声が聞こえる。
十数歩歩いて、なるほど・・と納得。 春先の土色の画像

眼下に緑の絨毯が広がっていた。確かに、これは初めて見る光景だ!
すり鉢の底ではアーチェリーに興じている人たちもみえる。

左方向の坂道を上がって見下ろす。
伊東パークゴルフ改めゴールド川奈のゴルフコースが左手で
右に見えるは、伊豆シャボテン公園。 こちらが春先 の画。


いつものように右回りに回る。 同じく春先の画(この角度で富士が見える)

あまりの暑さに、この辺りで戻ろうかと挫けそうになったが、
まだ見ぬ光景への期待に負けて1周することに・・・。

ふと思いついて、反対側に行ってみた。絶景!絶景!
薄っすら白い雲が掛かっているところが伊豆大島。
眼下の光景も春先は色が無い。

やはり、島々については夏はしかたないか(^^;

いつものお地蔵さんに挨拶して最高地点目指して歩く。
ふと、振り返ると・・・、ずいぶん高い。
中央右寄りのこんもりした小室山。左向こうに伊東市街が見える。


ほぼ頂上まで来て外側を見下ろす。右端が池地区の水田地帯。
田んぼの奥の「げんこつ山」が小さく写っているが本当は大室山より高い。
海側は八幡野の港〜浮山地区〜赤沢、遠く稲取方面まで。
山焼きの1ヵ月後の焼け焦げのままと比べると・・


下りにかかった。う〜〜ん、ほんとに とは大違いだ。
こんなに夏草の背丈が高いとは知らなかった。


くだっていく途中で胸ほどまで茂る草の中に分け入って内側を撮る。
単なるすり鉢状かと思いきや、意外にも結構な起伏がある。
ほぼ同じ角度の3月上旬


下りた処から振り返ると・・・やはり左回りは、この坂が厳しい
・・・と思うのだが。
案内板に右回りの矢印があるにもかかわらず反対回りの人は結構いる。


この角度で矢筈山(げんこつ山)と遠笠山が望めるのも・・。


青い富士山が薄っすらと伊東カントリーの向こうに見えた。
中央の空中に浮いているのですが、判りますか?


眼下には、さくらの里と伊豆スカ天城ICへ続く道。
春先 と違うのは勿論だが今度は桜の花いっぱいの時期に来てみたい。


一巡りして山頂売店「さわやか」。山頂めぐり「一周1km 約20分」の表示と
かき氷、ソフトクリーム、煮込おでん、たこ焼、おしるこ、フランクフルト・・・。

アーチェリーは1時間1000円。
やったことはないけど、すり鉢の底に下りてみるには、
申し込むしかないと判ったので、次回は回らずに下りることに決めた。
今日は暑いし流石に疲れた(>_<)
大室山Tシャツ1580円好評発売中・・・かぁ。


下りのリフトから近づきつつある眼下を撮影。 早春の画


ネットの地図サービスから切り抜いた大室山の火口画像です(^^;
izukougen | 大室山あたり | 19:41 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 19:41 | - | - | pookmark |
Comment